フコイダンとは?

皆さんは、フコイダンという物質をご存知でしょうか。昨今、健康に良いということで注目をされている物質です。ここではまず、このフコイダンがどのような物質であるのかについて紹介します。

フコイダンは、いわゆる硫酸多糖の一種です。主に昆布やワカメなどに含まれている物質で、表面の「ぬめりけ」のようになっている部分に多く含まれています。食物繊維に類するもので、より細かくは構成によって分類されます。LフコースやGフコイダンなどの種類があり、中には海藻のような植物性のものだけではなく、ナマコのような動物性のものから見つかっているものもあります。

このフコイダンが発見されたのは、1913年のことです。スウェーデンの科学者であったH.Z.キリンによって発見されました。ヒバマタ属の植物から見つかったために、その学名である「GenusFucus」から取ってフコイダンという命名がされました。ただ、この時はまだ物質が見つかっただけで、現在のように健康効果があるものとして知られていたわけではありません。

これの研究が行われるようになったのは、1970年代以降のことです。そして、大きな動きが生まれることになったのが1996年に日本がん学会で発見報告がされた「制癌作用」がわかった以降でした。それ以降、フコイダンは健康食品などとしてもよく扱われるようになっています。それでは、このフコイダンはどのようにして摂取するべきなのでしょうか。また、どのような効果が期待できるのでしょうか?