生活習慣病に

それではまず、フコイダンが持っている効果がどのようなものであるのかについて紹介します。ここでは、内閣府に認証を受けているNPO法人であるフコイダン研究所が発表している、現在期待されている効能や効果について紹介します。

まずは「コレステロール低減作用」があります。コレステロールは血中に貯まることによって動脈硬化を引き起こす物質であり、いわゆる生活習慣病の大きな原因の1つとなっています。これを下げることができれば、生活習慣病のリスクを大きく下げることができるでしょう。

次に「血糖値上昇抑制効果」があります。こちらも生活習慣病の一種である糖尿病などに関係している要素となります。また、血糖値が高い状態になっていると眠気が起こりやすいなどの問題もあるため、それらに対する効果としても期待されます。

さらに、「抗ピロリ菌効果」が期待されています。ピロリ菌は胃がんを引き起こす大きな原因の1つとして知られている細菌であるため、これを抑えることができれば胃がんの発生を抑えることが可能になります。さらに、胃潰瘍や胃の不快感の抑制にも効果があるという研究結果が発表されています。この他にも、まだまだ得られる効果があります。